読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざっきーのガジェット祭り。

ざっきーが身の回りにある面白機械たちを紹介します!!

Pioneerミニコンポ X-SMC01BT-Kを半年以上使ってみた感想

皆さんこんばんは。

以前はよくラジカセでラジオを聞いており当たり前のようについているCD機能を使わず放っいましたが、あるとき曲をかけようと思ってCDを突っ込んで再生したところ・・・・・認識しない・・。

 

あれれ・・・?

ということでコンポを購入することにしました。

 

価格重視で音質もよかったらうれしいな程度でいつも通り某Y電気へ・・。

 

高そうなコンポから安そうなラジカセまでずらーーーっと並んでいます。

 

そこでピックアップしたのは、1万円台前半のKENWOODSONYPanasonic、Pioneerのコンポです。

SONYPanasonicは安いせいかなんか今まで使っていたコンポよりも音がペラペラなような気がして、音質にはこだわらないつもりだったがこれはちょっとというレベル。

KENWOODとPioneerが残ったが、Pioneerのほうが安く、デザイン・音質ともによく会だと思ったためこちらにすることに。

購入価格は1万3000円程度。

 

ここまでは半年以上前の話。

使ってみた感じ、低音が程よくなってこれが1万3000円か!?という印象。

低価格でBluetooth搭載でなかなか便利。

 

ただ、気になったところはすべての動作が遅いというところと、CD再生中にキュルキュルなるところです。

 

安いし、仕方ないかなーということで

星ふたつ!!